1. Top »
  2. 楽天ポイント特集

国民年金支払いクレジットカードと現金払いの比較

国民年金を楽天クレジットカードで支払ってみました。ポイント込みで換算すると、クレジットカードの支払が一番お得になるようです。

国民年金の支払い方法としては、口座振替、クレジットカード、現金払い(金融機関、コンビニ)などがありますが、支払い方法と別に1年払い、6カ月払いによる割引きや口座振替による割引きがあります。

一番安くなる方法は、1年分前納でのまとめ払いです。

上記の条件で、支払い方法の違いで支払額の比較をすると
・口座振替>クレジットカード=現金払い

クレジットカードのポイントを考慮すると
・クレジットカード>口座振替>現金払い

割引率や支払総額は毎年変更される場合がありますが、今年の例だと、年払い前納で3,200円割引き、口座振替による割引きが年間580円(毎月払いは50円×12ヶ月=600円)です。

支払い方法 前納割引 口座振替割引 ポイント 割引総額
口座振替(1年) 3,200円 580円 - 3,780円
現金払い(1年) 3,200円 - - 3,200円
クレジットカード(1年) 3,200円 - 3,200円+α
口座振替(6カ月) 1,460円 600円 - 2,060円
現金払い(6カ月) 1,460円 - - 1,460円
クレジットカード(6カ月) 1,460円 - 1,460円+α

クレジットカードで支払った場合は、現金払いと同じ扱いです。クレジットカードのポイント還元率が口座振替の割引額を上回ればお得になります。

国民年金の1年間の支払額は、おおよそ18万円になりますので、1%のポイント還元率なら約1,800ポイントが付きます。

0.5%でも900ポイントになりますので、クレジットカードがお得です。楽天カードを使えば1%還元になりますので、1,200円相当お得になります。

支払額を抑えられるのは口座振替、ポイント込みの実質料金ならクレジットカードになります。

1年前納の手続きは2月末日までに完了する必要があります。金額的に前納が厳しい方でも、楽天カードなら年間約1,800ポイント貯まりますので、クレジットカード払いにしておいた方がお得になります。

関連記事:楽天カード入会してみた

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

楽天カード入会してみた

前々から気になっていた楽天カードに申し込みしてみました。即発行で、意外に簡単すぎてびっくりしました。

楽天カードは、定期的に入会キャンペーンを実施していますので、まずキャンペーンにエントリーして申し込みです。必要事項を記入して、申し込み完了になるのですが、そこから発行のための審査があると思っていたのですが、私の場合は即発行でした。

申し込み後、申し込みがキチンと完了しているかメールチェックしてみた所、
・カードお申込み受付のお知らせ 2012/XX/XX 18:00
・カード発行手続き完了のお知らせ 2012/XX/XX 18:01
こんな感じでメールが届いていました。

わずか1分で発行審査完了。正直驚きました。もちろん在籍確認や電話などは何も無しです。

これで数日後に楽天カードと口座振替申込書が届きますので、必要事項を記入して返信すれば完了です。申し込みの際に、楽天銀行や三菱東京UFJ、三井住友、みずほ銀行などのオンライン口座を引き落とし口座に指定すれば、この作業も不要です。

とにかく簡単すぎてびっくりです。しかも、利用限度額も無駄に高めに設定され、全く必要ないのに。

何故即日発行だったのだろうかと、あくまで個人的な想像ですが、楽天カード以外のクレジットカードを所持している、そのカードを使って楽天市場で買い物をしたことがある、そのカードが楽天市場の会員情報に登録されている。

この辺を見ているのではないだろうかと思います。カード利用履歴があるので、審査が簡素化したのではないかと、あくまで勝手な想像ですが。

初回の入会特典のポイントも美味しいですが、他にもポイントは貯まりやすいです。楽天カード所持者だけの各種キャンペーンも実施されていますので、ポイント狙いなら間違いなくお得になります。

その代わり、メルマガは大量に来ますけどね。

»楽天カード

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

楽天オークション出品してみた

かなり久しぶりにオークションへ出品しました。しかも、今回は初の楽天オークション利用という事でちょっと感想でも書いてみます。

まず、オークション手数料比較の記事で書いているように、月額費無料で出品するには楽天オークションかビッターズしかありません。ちょこっと出品したい人はこのどちらかになります。

出品の手続きがヤフオクと大して変わらないと思いますが、1つだけ違うのは発送方法を最初に正しく入力しなくてはいけません。そのため、落札する方にしたら明朗会計です。

この方法は個人的に気に入ってます。ヤフオクなんかだと、商品の値を下げて送料を異常に高く設定して、利益を取る方法が横行してます。これで落札する気が無くなった事が何度かあります。

出品が終わったら、後は落札を待つだけです。楽天オークションは、落札された後も落札者と一切連絡無しで取引をおこなう事も出来ます。(メールアドレス非通知で連絡も出来ます)

落札者が落札⇒落札者入金(この時点では楽天が一時預かり)⇒入金確認で出品者は発送⇒落札者が受け取り確認⇒お互い評価⇒楽天からシステム手数料5.25%を引いた金額が入金となります。

こうやって見るとスムーズに見えますが、問題もあります。実際、私は受け取り確認をしてもらえませんでした。WEBから受け取り確認の手続きをしないと先に進めません。確認には期限があって、1週間か10日くらい経つと自動承認されますが、ここで無駄に待たされますし、トラブルかなと不安になります。

もう一つの問題は、楽天市場のビックネームのわりにはオークションの利用者が少ないということでしょうか。そのかわり、頻繁に手数料無料キャンペーンなんかやっているようです。

今回、2点出品して両方落札されました。一つはすぐに、もうひとつは1ヶ月くらい回転させた気がします。不用品があれば、楽天オークションに出品してみては。

関連記事:楽天カード入会してみた

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

楽天スーパーポイントについてまとめました。

楽天スーパーポイントの無料のため方についてまとめてみました。

まだ会員登録してない人は、楽天市場に会員登録が必要です。

貯めやすい2つのサービスはメールdeポイントと楽天リサーチです。今ならどちらも登録するだけで50ポイントそれぞれ貰えます。

メールdeポイントは、毎日数通のメールが送られてきますので、メールに下部の方に記載されているURLをクリックするだけで1ポイント貰えます。1ヶ月100ポイントくらいはGETできます。

楽天リサーチは、不定期に送られてくるアンケートに答えるだけです。簡単なアンケート(数問)に答えるだけで、1回で数ポイント~数十ポイント貰えます。

この2つが無料で楽天スーパーポイントがもらえる王道です。

ここからは運次第でポイントを獲得できます。

・楽天にログインしたら、毎日1回だけラッキーくじに挑戦できます。
  楽天市場トップページの右下にバナーがあります。
  楽天スーパーポイントの当選内訳はこんな感じです。
   10,000ポイント   1本
   30ポイント   200本
   5ポイント   1,000本
   1ポイント   8,799本

Infoseekにログインします。(楽天会員は簡単な設定でログインできます)
ラッキーBingo:毎週月曜スタートでビンゴゲームに参加できます。
  当選内訳10,000ポイント 3名様 1,000ポイント 20名様 50ポイント 3,977名様

ラッキーサーチ終了:Infoseekログイン状態で、Web検索をすると10,000名x5ポイントが当る。

ラッキーくじ:内容は楽天ラッキーくじと同じでが、Infoseekラッキーくじとして挑戦できます。

もっと楽天スーバーポイントを貯めたい方は楽天カードに入会しましょう。年会費無料で、入会と同時に2000ポイントゲットできます。楽天市場のショッピング利用でポイントが2倍になります。


楽天ショッピングで楽天スーパーポイントと別にさらにポイントを受け取りたい方は、お財布.comに登録しましょう。【お財布.com紹介記事へ】
こちらのサイトから楽天市場にログインすると、購入代金の1%分のポイントが各サイトに付きます。

関連記事:楽天ポイント現金化やってみた(図書カード編)

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

楽天ポイント現金化やってみた(図書カード編)

キャンペーンやポイントサイトで貯めた楽天スーパーポイント現金化を実際やってみました。その内、使うだろうと思ってたらいつの間にか期限が迫ってました。泣く泣く目減りすると分かっていて、一番オーソドックスな方法で図書カードへ。ちなみに図書カードを取り扱っているのはカード屋さんだけです。

まず、1万円分の図書カードを購入するのに必要な楽天ポイントは、
10,000円+300円(手数料)+310円送料=10610ポイントです。

ちょっとした裏技で楽天でショッピングする時は、お財布.com経由で購入すると楽天ポイントとは別に1%分のポイントが付きます。【お財布.com詳細記事へ】
10,000円(図書券)×93%(買取価格)
   +103ポイント(楽天)+103コイン(お財布.com)=9,506円相当分

図書カード経由で現金化すると
10610-9,506=1,104円分が目減りしたことになります。率にすると9,506÷10,610×100≒89.6%です。

こうやって見ると、1割減です泣き顔

以上の方法は私がやった方法です。もうちょっとだけ率を良くする事は出来ます。

楽天スーパーポイントは一度に使える上限が3万ポイントです。送料の事を考えると、上限まで一度に使った方が良いです。さらに頻繁にやっているポイント2倍、3倍キャンペーンなど使うといいです。

シミュレーションしてみました。
支払いポイント
28,000円分(図書カード)+840円(手数料)+310円(送料)=29,150ポイント

獲得金額&ポイント
28,000円(図書カード)×93%(買取価格)
   +291ポイント(楽天)×3倍+291コイン(お財布.com)=27,204円相当分

29,150(支払い)-27,204(獲得)=1946円分
27,204÷29,150×100≒93.3%

約1950円分相当程目減りしますが、4%くらいはお得です。

急がないのならヤフオクで、額面の95%くらいで売れるようです。
(Yahooの方も、ヤフーポイントを余らしている人もいるので、これまた需要はありそうです。)

色々工夫すれば95%以上での現金化もできそうですが、個人的にはQUOカードを取り扱ってくれれば、金券ショップに持っていかなくても消費できると思うのですが、楽天にそんな日は来ないでしょうね。

関連記事:
楽天カード入会してみた
楽天スーパーポイント無料のため方まとめ

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |