1. Top »
  2. プロバイダキャンペーン情報

業界最速auひかり高額キャッシュバックキャンペーン

KDDI正規代理店のお得なauひかり新規申し込みキャンペーンです。

キャッシュバックが高額、キャッシュバックの振り込みが早い、有料オプション不要などの特典があります。

キャッシュバック現金最大40,000円

キャッシュバック金額は、ホームタイプ、マンションタイプ共にがネット(auひかり)+電話(ひかり電話)の契約で最大40,000円、ネットのみの契約で最大33,000円になります。

キャッシュバック3000円増額中!それぞれ43,000円、36,000円になります。

※auスマートバリュー(スマホ割引)を利用予定の方は、auひかりとひかり電話の両方の契約が必要です。

最大というのは、プロバイダの選択により金額が変わり、ソネット、もしくはビッグローブ選択時に最大金額のキャッシュバックが受け取れます。

販売代理店からのキャッシュバックとプロバイダからのキャッシュバックがそれぞれあり、合わせて最大4万円になります。

プロバイダ タイプ 契約種別 キャッシュバック金額
販売代理店 プロバイダ 合計金額
ソネット
or
ビッグローブ
ホームタイプ ネット+電話 23,000円 20,000円 43,000円
ネットのみ 16,000円 20,000円 36,000円
マンション ネット+電話 28,000円 15,000円 43,000円
ネットのみ 21,000円 15,000円 36,000円

ビッグローブのホームタイプ選択時は、キャッシュバック2万円か、8インチタブレットかを選択できます。

また、auひかり本家が実施中の『のりかえサポート還元』最大30,000円のキャンペーンも条件を満たせば適用されます。(フレッツ光や他社ADSL回線をご契約の方に、解約違約金を最大3万円までauが負担してくれるキャンペーンです)

So-netが最大3万円、Biglobeが最大1.5万円になりますので、こちらのキャンペーンを適用予定の方は、So-netの方がお得になります。

キャッシュバック最短翌月末のスピード振り込み

ネット開通のキャッシュバックは、時間がかかることが多いですが、こちらのキャンペーンでは最短翌月末に指定口座に“現金”で振り込みされます。

また、キャッシュバック申請の手続き忘れが無いように、お申込時にキャッシュバック手続きが完了します。これは、普通は大丈夫なのですが、極稀に、申請忘れで期限が過ぎてしまい、キャッシュバックを受け取れない方が居るようです。

※販売代理店部分のキャッシュバックは最短翌月末払いですが、プロバイダ部分のキャッシュバックや手続きについては、各プロバイダの条件によって異なります。

有料オプション契約不要

プロバイダから直接申し込む場合は、あまり見られないのですが、家電量販店や販売代理店経由のキャンペーンでは、有料オプション(コンテンツ)がセットになっている場合も多くあります。

この有料オプションを申し込むと、月々の支払いが数千円増えるということも有ります。

必要に応じて契約する場合は問題ないのですが、2年、3年契約した場合にキャッシュバック金額よりも月々の支払額が大きくなりかねませんので、ネットとひかり電話のみしか使用しないという方には、オプション契約部分は重要事項になります。

»オプション契約不要auひかり最速キャッシュバックキャンペーン

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

ラクーポンWiMAX解約してみた

RaCoupon(旧シェアリー) WiMAXが更新月になりましたので、解約しました。以前は、解約が分かりにくいなどがあったようですが、今はあっけないほど簡単です。

ラクーポンに限ったことではないですが、WiMAXの契約更新月は、1年契約なら13カ月目、2年契約なら25カ月目になります。

ラクーポンの解約は、解約希望月の前月21日~解約希望月の20日までに、サポートセンター(https://racoupon.rakuten.co.jp/support_forms)に連絡する必要があります。

11月解約なら、10月21日~11月20日迄です。日割り計算はありませんので、月末解約、月末までの1カ月分の料金がかかります。

即日解約などができませんので、解約希望月の20日までというのが、一番注意する点ではないでしょうか。

電話か、フォームに入力して、解約希望を伝えます。

必要事項は以下の通りです。
・お名前:
・購入時のメールアドレス:
・受信可能メールアドレス:
・お問い合わせ種類:WiMAX(解約関連)
・機種名(製品名):
・MACアドレス:
・製造番号(S/N):
・お問い合わせ詳細:

私の場合は、MACアドレスはデータ端末の裏面、製造番号(S/N)はデータ端末が入っていた箱の側面に記載してありました。

後は、お問い合せ詳細で、○月解約希望などを記入して送信するだけです。

翌日には、受諾メールが送信されてきますので、以上で終了です。

»RaCoupon WiMAX

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

ソフトバンクユーザー限定の格安ADSL

光接続が主流になっていますので、すっかりADSLのキャンペーンも少なくなりましたが、ソフトバンクユーザー限定のお得過ぎるADSLです。

ソフトバンクユーザー以外の方も乗り換えるメリットが有ります。

ソフトバンクが提供するソフトバンクユーザー限定のADSLサービス『ホワイトBB』です。(Yahoo!BBとは違うサービスになります。)

このホワイトBB(ADSL)とソフトバンクのスマートフォンの契約で、毎月、最大2年間、スマートフォンの月額料金が割引されます。

ホワイトBB(ADSL)

ホワイトBBは下り最大50MbpsのADSLです。電話加入権をお持ちなら毎月の利用料は月額1,886円(税抜)、電話加入権がない場合は月額3,505円(税抜)になります。また、これとは別に、事務手数料が毎月80円かかります。

8M-12MbpsのADSLだと、もう少し安いADSLもありますが、50Mbpsとしては格安料金です。

ホワイトBBユーザーには、無償で無線LANルーターが提供されます。スマホをWi-Fi接続でADSL回線に接続できますので、データ容量を気にする必要がなくなります。

固定電話BBフォン(IP電話)が使えますので、BBフォンからのソフトバンク携帯への国内通話が24時間無料になります。(ホワイトコール24)

スマート値引き(スマホ料金割引き)

50MbpsのADSLを格安料金で利用できますが、さらにソフトバンクのスマートフォンユーザーには、毎月月額最大2,000円の割引があります。

スマホ、タブレットの契約プランによって、500円~2,000円の割引になります。

スマート値引きは、ホワイトBB(ADSL)と対象のスマートフォン、対象の料金サービス(パケットし放題フラットなど)を契約している方が受けられる割引サービスです。

最大家族で10回線(個人契約のみ)まで割引可能です。10回線×最大2年間です。

家族で割引きを共有できるのですが、別居の家族も対象にできます。もし、家族でソフトバンクを利用しているのなら、最大限割引サービス利用できます。

電話加入権なしのホワイトBB(ADSL)に加入しても月額3,505円になりますので、家族3人以上でソフトバンクを利用しているのなら、実質タダ+さらに割引きでADSLが利用できることになります。
※データ定額パック・標準を契約の場合

人数によっては、2年間で10万円以上の割引になりますので、この機会にソフトバンクに乗り換えてみるのもいいのではないでしょうか。

今ならホワイトBB申し込みで5,000円のキャッシュバック付きです。

»ソフトバンク ホワイトBB

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auひかりマンションタイプキャンペーン料金比較

auひかりマンションタイプの各プロバイダが独自に実施しているキャンペーンを比較しています。
(auひかりホームタイプはこちら)

マンションタイプは、配線方式、マンションの規模などによって、月額利用料金が変わります。この部分はお住まいのマンションによって決まっていますので、各自で選択できるものではありません。

また、auひかりは、フレッツ光のようにプロバイダの違いで料金が変わるのではなく、標準利用料金(プロバイダ料込み)は均一です。価格の違いが出るのは、各プロバイダーが独自で開催している割引キャンペーンによるものです。標準料金から〇〇円割引になります。

それぞれのキャンペーンは、有料オプションに加入せずに、au光回線とプロバイダのみ契約した場合の条件になります。

auスマートバリューの割引を受けたい方は、auひかりとひかり電話に加入する必要があります。
auスマートバリューの割引金額が、プロバイダの違いによって変わることはありません。どのプロバイダでも割引額は同じです。

マンションV、E、F、都市機構タイプキャンペーン料金比較

・Vタイプ:マンション棟内を既設の電話回線を利用して配線するタイプ
 ⇒V8:集合住宅で8~15契約以上が見込める場合(標準利用料金4,100円)
 ⇒V16:集合住宅で16契約以上が見込める場合(標準利用料金3,800円)

・Eタイプ:タイプE:マンション棟内を既設または新設されたEthernetケーブルを利用して配線するタイプ
 ⇒E8:集合住宅で8~15契約以上が見込める場合(標準利用料金3,700円)
 ⇒E16:集合住宅で16契約以上が見込める場合(標準利用料金3,400円)

・Fタイプ:マンション棟内を既設の光ファイバーを利用して配線するタイプ
(標準利用料金3,900円)

・都市機構:UR都市機構の住宅にお住まいの方がご利用いただけるタイプ
(標準利用料金3,800円)

プロバイダ キャッシュバック タイプ 月額料金割引
【So-net 光 (auひかり)】 45,000円 V、E、F
都市機構
-1250円
- -2,000円
DTI auひかり 38,000円 V、E -1,250円
BIGLOBE 15,000円 V、E、F
都市機構
-1,250円
nifty 10,000円 V、E
都市機構
-1,250円
ASAHIネット - V、E、F
都市機構
-2,000円
GMOとくとくBB - V、E -1,250円
@T COM - V、E -1,250円
au one net - V、E、F
都市機構
-1,250円

マンション ギガタイプキャンペーン料金比較

・マンション ギガ:マンション共用部から各戸まで棟内の光配線を活用してサービスを提供(光ファイバー方式)するタイプ
⇒ギガタイプ:3階建て以上の集合住宅(標準利用料金4,050円)
⇒ミニギガタイプ:3階建て以下の集合住宅(標準利用料金5,000円)

プロバイダ キャッシュバック タイプ 月額料金割引
So-net 45,000円 ギガ -1,250円
ミニギガ
- ギガ -2,000円
ミニギガ -1,250円
DTI 38,000円 ミニギガ -1,250円
BIGLOBE 15,000円 ギガ -1,250円
ミニギガ
nifty 10,000円 ギガ -1,250円
ミニギガ
ASAHIネット - ギガ -2,000円
ミニギガ -1,250円
GMOとくとくBB - ギガ -1,250円
@T COM - ミニギガ -1,250円
au one net - ギガ -1,250円

プロバイダのキャンペーンとしては、So-netとDTIのお得度が高くなります。So-netは、キャッシュバックプランと月額料金割引プランが選択できます。

※キャンペーン内容は変更される場合があります。最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

nifty wimax申し込みしてみた

とうとうフレッツひかりを解約して、nifty wimaxの乗り換えました。今のところ、何の不具合もなく順調です。

申し込みの流れで、少し注意点がありましたのでご紹介しておきます。

nifty wimaxは、1年契約でタブレットセットやキャッシュバックなどがありますので、短期の契約をしたい方には特にお得です。

まず、nifty wimaxキャンペーンページから申し込みします。この途中で一つ引っ掛かったのですが、楽天カードでの申し込みができません。

支払方法の登録ページで、口座振替、クレジットカードの登録があるのですが、楽天カードのオンライン登録はできないようになっているようです。

別途、書類で手続きすれば、楽天カードを支払いに使えますが、時間がかかりますので、楽天カードしか持ってない人はご注意下さい。

楽天カード、口座振替の人は、支払方法確定後に機器発送になりますので、通常よりもネット接続までに時間がかかります。

仕方なく違うクレジットカードを使って申し込みしました。

機器の発送期間ですが、私の場合は金曜の夜に申し込んだので、発送が月曜日、機器到着が水曜日でした。土日を挟みましたので時間がかかっていますが、翌営業日発送ですので、早い人は3日程で着く人もいるのではないでしょうか。(公式では最短4日とあります)

wimaxの接続設定は簡単ですので、省略します。

nifty wimax nifty wimaxクレードル

普段デスクトップPCで作業することが多いので、今回はクレードルセットを申し込みましたが、デスクトップではない人はクレードルはいらないかなと思います。

台座があった方が見た目もいいですが、AtermWM3600RはUSBでのネット接続もできますので、ノートPCや無線での接続が多い人は、クレードルなしでキャッシュバックを多く貰うのも悪くはない選択肢かと思います。

速度は地域性がありますので、参考にはならないと思いますが、約4~5Mbpsあたりです。稀に遅くなることもありますが、ほとんど安定していますので、このくらいのスピードでも動画なども支障なく見れます。

wimaxの一番のメリットは帯域制限だとは思いますので、容量を気にしなくていいのは非常にいいと思います。スピードは遅くなりますが、ひかりの代替えになるモバイルサービスは、今現在wimaxしかないのではないでしょうか。

特にタブレットセットならniftyはお勧めです。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auひかり vs フレッツ光電話比較

auひかりとフレッツ光で、ひかり電話サービスのオプション料金を比較しています。回線選びの参考にご活用ください。

ひかり電話 フレッツ光 auひかり
初期費用 1,000円※1 800円
月額料金 500円 500円
通話料
(一般電話向け)
8円/3分 8円/3分
通話料
(ドコモ携帯向け)
16円/1分 16円/1分
通話料
(au携帯向け)
18円/1分 15.5円/1分
通話料
(SoftBank向け)
18円/1分 16円/1分

※1:フレッツ光の初期費用に関しては、利用状況によって変わります。また、auひかり電話の初期費用は、auひかり回線のネットと同時申し込みなら不要です。

auひかりに新規に申し込みされる方は、ほとんどのプロバイダで24ヶ月無料キャンペーンを実施していますので、2年間は月額料金は不要です。

また、auケータイユーザーならauまとめトーク(定額料:無料)を使って、auひかり電話から全てのauケータイへの国内通話無料などのサービスもあります。

キャンペーンを抜きにすれば、両者でそれほどの違いはありません。一般の固定電話をお使いの方は、大幅な割引になりますので、ひかり電話のオプション加入はお勧めです。

※最新情報は各公式サイトでご確認ください。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

au携帯ユーザーへの割引サービス

auひかりを契約した際に、au携帯ユーザーならお得な割り引きが追加されます。auスマートバリュー狙いで、auひかりを契約される方も多いと思いますが、それ以外にも割引サービスが用意されています。

一つはKDDIまとめて請求です。auひかりとauケータイの請求書をまとめて受け取る事で、auひかりの月額利用料が毎月100円割引されます。それぞれの利用で貯まるauポイントも合算されます。

この他の割り引きでは、固定電話とau携帯の通話料に関するものです。

auまとめトークを使って、auひかり電話からの通話料を抑えることができます。auひかり電話⇒全てのau携帯、auひかり電話⇒auひかり電話の国内通話料が24時間無料、さらにau自宅割を申し込めば、ご自身のau携帯から自宅のauひかり電話の国内通話料が無料になります。

auひかり電話からau以外の携帯宛は16円/1分になります。

また、自宅のauひかり電話へ着信があった場合に、SMS(Cメール)や着信履歴でau携帯にお知らせするサービスが無料で利用できます。

auひかり+auひかり電話+au携帯(スマホ)で最大限の割引が受けられます。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auスマートバリュー割引

auスマートバリュー目的で、auひかりへ乗り換えを考えている人も多いと思いますが、auスマートバリュー割引について簡単にご紹介です。

まず、auスマートバリューが適用される条件があります。

auスマホ/ケータイが下記条件の契約の方。
・auスマートフォン
データ定額2/3/5/8/10/13,LTEフラット,ISフラット,プランF(IS)シンプルのいずれかに加入
・4G LTEタブレット / 4G LTE対応PC
LTEフラットfor Tab/Tab(i),LTEフラットfor DATA(m),LTEダブル定額forTab/Tab(i)
・auケータイ
電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)

上記いずれかの契約者が
auひかり対象の固定通信サービスで「ネット」+「電話」をお申し込みされた場合

少し分かりにくく書いてありますが、auが提携しているケーブルテレビのネットサービスなども含まれますので、「ネット」+「電話」とありますが、auひかりの方は、auひかりとauひかり電話の加入で適用されます。

基本的な部分を勘違いされている方がいらっしゃるようなので、フレッツ光回線はNTT系、auひかり回線はKDDI系です。

現在、フレッツ光を契約されている方は、回線の変更をしないとauひかりは利用できません。フレッツ光のプロバイダの部分だけを変更して、auひかりが使えるわけではありません。フレッツ光を解約して、auひかりを新規に申し込む必要があります。

※auひかり回線が引けない方は、フレッツ光から【So-net 光 コラボ】へ転用(工事不要、手続きのみ、事務手数料1,800円)して、auセット割を利用する方法もあります。但し、auセット割は、auスマートバリューと異なり、最大1,200円割引、電話番号1契約までの割引になります。

auひかりに対応したプロバイダは多くありませんが、NTTグループのぷららやOCNなどのプロバイダは、今後も含めて対応されないと思います。

また、auスマートバリューは、家族割、毎月割のようなauケータイ(スマホ)の割引サービスではありません。auひかりとauケータイ(スマホ)の両方を契約した方を対象にした割引サービスです。

割引額は、永年934円(税抜)/月+2年間476円(税抜)/月が割引されますので、最大2年間毎月1,410円(税抜)の割引になります。(934円は永年割引きです)

※データ定額10/13,10(V)/13(V)のプランの方は永年934円+2年間1,066円=合計2,000円割引
※データ定額2/3,2(V)/3(V),ジュニアスマートフォンプラン,シニアプラン(V)の方は永年934円割引きのみ

家族にも割引が適用されますので、2人なら2,820円/月、4人なら5,640円/月が最大2年間割引されます。(最大10回線まで)

家族でauスマホ/ケータイを使われている方は、最大限割引の恩恵を受けられます。
※同一姓・同一住所のご家族に加え、別住所に暮らす50歳以上のご家族もお申込みが可能です。

auひかり電話は必要ない方も多いと思いますが、新規でauひかりに申し込んだ場合は、24ヶ月auひかり電話無料キャンペーンを実施している所も多くあります。その後もauひかり電話の利用料は、月額500円(税抜)になりますので、auスマートバリュー割引に加入している方がお得になるのではないでしょうか。

※auスマートバリューの割引金額が、プロバイダの違いによって変わることはありません。どのプロバイダでも同じです。

一人暮らしの単身者向けに、Wimax2+と組み合わせて、もっとお手軽なauスマートバリューmine割引もお勧めです。

»auひかりホームタイプキャンペーン比較
»auひかりマンションタイプキャンペーン比較

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auひかり初期費用/工事費

auひかりを開通するのに必要な初期費用の説明です。auひかりホームタイムの初期費用は、工事費37,500円と登録料3,000円になります。

初期費用(工事費)は、37,500円を一括払いするか、毎月の支払いに上乗せして分割払い1,250円×30回にすることができます。通常は分割払いで、毎月の月額基本料に加算されます。分割払いにしておけば、最初の初期費用を減らせます。
(マンションタイプは1,250円×24回=30,000円)

また、月額基本料はプロバイダ料込みで5,200円(※ギガ得プラン)になります。この5,200円の基本料金に対して、各プロバイダで独自の割引が用意されている場合があります。
(マンションタイプは、これよりも安くなりますが、フレッツ光同様、マンションの規模、配線方式により月額料金は異なります。)

auひかりの工事費割引はほとんどないようです。稀にある工事費割引は、月額基本料の割引を初期費用に充てた実質無料のものです。

例えば、各プロバイダで、月額基本料金の割引き750円×30ヶ月、auひかり電話500円×30ヶ月無料などがよくありますが、この月額基本料金の割引を0にして、初期費用(工事費)の分割支払い料金に充てれば、実質的に初期費用無料に見えますが、中身的には同じ事です。
(750円+500円=毎月1,250円の割引)

月額利用料の割引か、初期費用の割引かの名目が違うだけですが、キャンペーンを利用すれば初期費用分は無料になります。

新規開通のauひかりキャンペーンでは、高額のキャッシュバックも用意されていますので、新規の方は、フレッツ光よりも割安に利用できるのではないでしょうか。

※ギガ得プラン:
2年間の継続契約を条件に毎月の月額利用料が割引されます。標準ブランは、月額6,300円になります。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auひかりキャンペーン料金比較

auひかりの各プロバイダが独自に実施しているキャンペーンを比較しています。

料金比較は、『ずっとギガ得プラン』になります。ずっとギガ得プランは、auひかりホームタイプで、3年間の継続契約を条件に、毎月の月額利用料が割引されます。

マンションタイプのキャンペーン料金比較を追加しました。
»auひかりマンションタイプキャンペーン料金比較

2年契約のギガ得プランもありますが、auひかりのホームタイプの場合は、工事費分割払いが30カ月間続きますので、3年区切りの方がお得になるのではないでしょうか。

プラン 1年目 2年目 3年目
ギガ得プラン(2年契約) 5,200円 5,200円
ずっとギガ得プラン(3年契約) 5,100円 5,000円 4,900円

『ずっとギガ得プラン』と『ギガ得プラン』で月額料金は変わりますが、キャッシュバックキャンペーンの内容が変わる事はほぼありません。

また、auひかりは、フレッツ光のようにプロバイダの違いで料金が変わるのではなく、標準利用料金はどのプロバイダでも均一です。価格の違いが出るのは、各プロバイダーが独自で開催している割引キャンペーンによるものです。標準料金から〇〇円割引になります。

キャッシュバック内容は、有料オプションサービスに加入せずに、純粋にau光回線とプロバイダのみ契約した場合の条件です。高額キャッシュバックを謳っているサイトの中には、有料オプションサービス加入が条件になっている場合もありますので、ご注意ください。

また、よくある工事費無料のキャンペーンは、月額利用料金とひかり電話サービスの割引額を初期費用に充てたものになりますので、実質的には中身は同じです。

例)
月額料金割引750円+ひかり電話割引500円=毎月1,250円の割引
工事費分割払い:毎月1,250円の支払い
両者を相殺して0円になります。

初期費用として3,000円の登録料が必要になります。

※auスマートバリューは、auスマホ側の金額を割り引くサービスで、プロバイダの違いによって割引金額が変わることはありません。どのプロバイダでもスマホ料金の割引額は同一です。

ずっとギガ得プランキャンペーン

プロバイダ キャッシュバック 1年目 2年目 3年目
【So-net 光 (auひかり)】 45,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
- 3,500円
DTI auひかり 38,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
BIGLOBE 25,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
@nifty auひかり 10,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
ASAHIネット - 3,700円 3,600円 3,500円
GMOとくとくBB - 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
@T COM - 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
au one net - 5,100円 5,000円 4,900円

ソネットが頭一つ抜けてる内容です。ソネットは、高額キャッシュバックと月額料金割引プランを選択できますが、トータル的にはキャッシュバックの方がお得になります。毎月の支払いを抑えたい方には月額料金割り引きプランも選択できます。
ソネット乗り換えページ

auひかりはフレッツ光と違い、契約後にプロバイダのみの変更ができません。

プロバイダと光回線がワンセットになっていますので、プロバイダを変更しようとすると、一旦auひかり解約、別プロバイダで新規申込みになります。この新規申込みでも新たに初期費用として工事費が必要で、切替期間中はインターネットが使えない期間も出てきます。

auひかりに対応しているプロバイダは多くありませんので、選択肢は限られますが、大手のソネットは選択しやすいのではないでしょうか。

この他のキャンペーンとしては、ひかり電話の無料サービスなどもあります。
(auスマートバリュー適用には、ひかり電話への加入も条件になります。auひかり+ひかり電話)

※キャンペーン内容は変更される場合があります。最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

ADSLパソコンセットキャンペーン

プロバイダーのキャンペーンは多種多様ですが、光、またはADSLとのパソコンセットキャンペーンです。

光やADSLのパソコンセットは、中古品とのセットが多いですが、今回のキャンペーンは新品のノートパソコンです。但し、現在は100円ではなくて4,500円になっています。

プロバイダーの同時契約でセットにできるのは、ノートパソコンの他に
・マルチフォトプリンター1円
・プリンター+無線LANセット3,900円
・Wii1円、DSi1円(ADSLセットのみ)、PSP go光は1円、ADSLは6,800円
・10インチデジタルテレビ1円
・キャノン1200万画素デジカメ1円
・電子辞書1円
・シャープオーブンレンジヘルシオ17,000円
・ダイソン32,800円
などから選べます。

期間限定のキャンペーになっていますので、内容は変わる場合があります。ただ、毎月そのまま延長されているようです。
プロバイダーキャンペーン一覧
※ADSLパソコンセットは終了しました。

光の新規契約のキャンペーンはまだ多いですが、格安のADSLの契約でのキャンペーンは最近は少なくなってきました。キャッシュバックではなく、商品を格安で購入するのキャンペーンもお得ではないでしょうか。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

WiMAX初期&月額料金

モバイル通信では唯一帯域制限がないWiMAXについて調べてみました。WiMAXの特徴は、帯域制限のない使い放題と料金の手頃さだと思います。デメリットは、カバーエリアの問題です。

最近は、エリアも広がってますので使える場所も多いですが、室内に弱いようです。電波が弱い場合は、ルーターを窓際に置くなどの工夫が必要です。

初期費用:3,000円(税抜)

月額利用料金(定額)
月額契約では、各社4,400円後半で横並びで、1年間の継続利用を条件に月額3,696円(税抜)になります。プロバイダによる料金差はほとんどないようです。

データカード
wimaxに接続するには専用の通信データカードの購入が必要です。ADSLや光のように毎月のモデムレンタル料は不要ですが、このあたりは他のネット接続より初期費用がかかります。1台1万円以上しますが、各プロバイダーで割引サービスがありますので、契約と同時購入で数千円で購入できるようです。

現在は、ほとんどのプロバイダで、ルーターもデータ端末も無料、または格安で手に入れることができます。

光やADSLのようなプロバイダ契約は不要になりますので、Wimaxを契約して、端末を揃えれば直ぐに使えます。

ライン

Wimaxのサービスは、各プロバイダや家電量販店が提供しています。ほとんど横並びの料金体系ですが、キャッシュバックや選べる端末に差があるようです。

Wimax Flat年間パスポート(1年契約)時の料金比較です。

月額基本料金 事務手数料 無料期間 キャッシュバック特典
GMOとくとくBB 3,591円 0円 開始月無料 終了
ASAHIネットWiMAX 3,610円 0円 開始月無料 -
ソネットWiMAX 3,619円 3,000円 開始月無料 終了
BIGLOBE Wimax 3,620円 3,000円 開始月無料 終了
nifty Wimax 3,670円 0円 開始月無料 終了
UQ Wimax 3,696円 3,000円 - 終了
@T COM WiMAX 3,696円 3,000円 開始月無料 -
DIS mobile Wimax 3,696円 3,000円 - -
ワイヤレスゲートWimax 3,696円 3,000円 - -
Yamada Wimax
(ヤマダ電機)
3,696円 3,000円 - -
BIC Wimax
(ビックカメラ)
3,696円 3,000円 - -
エディオンWiMAX 3,696円 3,000円 - -

1年契約プランでも自動更新されますので、携帯電話の契約更新同様に、契約更新月以外は解約手数料が発生します。解約手数料なしの解約は、1年後の更新月のみになります。

ライン

Wimaxの基本契約は1年間ですが、各社が独自に2年縛りを設け、2年契約にすることでキャッシュバック金額を大きくしている場合があります。

2年目の契約更新月以外は、解約手数料が発生しますのでご注意ください。

1年契約で、毎年乗り換えれば、その都度キャッシュバックや新しいデータ端末が手に入るメリットがあります。

ライン

WiMaxパソコンセット
単体契約の他に、Wimaxでは珍しい100円パソコンセットがあります。但し、パソコンセットの契約は、契約期間2年、毎月の利用料5860円となります。

パソコンセットは終了です。他のサイトでも見かけなくなったので、Wimaxのセット販売自体を辞めたのかもしれません。

ライン

下り最大110MbpsのWimax2+がスタートしました。まだカバーエリアの問題がありますが、現在のところはデータ通信量無制限で使えます。

また、Wimax2+のエリア外の地域でも既存のWimaxが使用できます。

従来のWimaxと比較しても、月額利用料金はさほど変わりませんので、2年契約でも問題のない方は候補に上げてみてはどうでしょうか。(Wimax2+は、2年契約か4年契約のみです。)

既存のWimaxは、データ端末の在庫終了に伴い、新規受付を終了しているプロバイダが増えてきています。今後はWimax2+がメインになってきます。

※キャンペーンや利用料金は変更されることがあります。最新情報は、各プロバイダでご確認下さい。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

光プロバイダ乗り換えキャンペーン

光プロバイダ乗り換えキャンペーンについて集めてみました。

昔はこの手のキャンペーンはADSLのみで、光の乗り換えキャンペーンはなかったのですが、最近は光回線を既に開通していてもプロバイダの乗り換えのみで、キャッシュバックを受け取れるプロバイダも増えてきました。

乗り換えキャンペーンですので、既に光回線開通済みでもOKです。

楽天ブロードバンド
24カ月間月額500円
毎月楽天スーパーポイント100円分プレゼントで、実質さらに100円引き

BB.excite
最初の6ヶ月間月額300円
以降、マンション、ファミリータイプ共に業界最安値の月額500円

【GMOとくとくBB】プロバイダー乗換キャンペーン
通常マンションタイプ月額530円、ファミリータイプ月額760円が月額490円
更に毎月100ポイントが付与されますので、実質月額390円

ソネット光プロバイダー乗り換えキャンペーン
光ファイバーコース:10,000ソネットポイント(終了しました)
フレッツ光からauひかりへの乗り換えなら最大40,000円分プレゼント

「OCN 光 with フレッツ」プロバイダ“のみ”乗り換えキャンペーン
現金12,000円キャッシュバック
訪問初回サポート設定無料
キャンペーンは終了しました。

AOL(エーオーエル)
フレッツ光の申し込みで1万円のプレゼント中ですが、AOL新規入会でフレッツ光は開通・申込済みの場合は、5,000円分の商品券です。
付与日:入会月から8ヶ月後
キャンペーンは終了しました。

BIGLOBE
BIGLOBE光 with フレッツ「フレッツ光」コース:1万円
キャンペーンは終了しました。

こういったキャンペーンを利用して、プロバイダを見直してみてはどうでしょうか?

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

光最安プロバイダー500円

インターネットをADSLから光に変更する際に一番のネックが料金だと思います。最近は、ADSLが月額2000円前後から可能になりましたが、光はまだまだ月額4000円前後~が必要です。

光のプロバイダーで安いのはBB.exciteです。光の接続料金はマンションタイプやファミリータイプなどお住まいの形態で変わってきますが、BBエキサイトのプロバイダー料金は月額500円(税抜)です。マンションタイプ、ファミリータイプ共にこの料金です。

安いのには訳があり、メールアドレスなどは別料金(280円/月)になります。今時フリーメールでも十分ですから、必要ない人はプロバイダーメールをなしにして、費用を抑える事ができます。

しかも今なら光生活応援キャンペーンで、1年間月額2100円~の割引料金が適用されます。ADSL並みの料金で光を1年間利用できるチャンスです。

くわしくはこちらからどうぞ。
  »すべてコミで月額2,100円から(キャンペーンは終了しました。)

現在のキャンペーンはこちらです。
»【BB.excite】フレッツ光 接続料無料キャンペーン実施中!

同じく格安プロバイダーのGMOとくとくBBがお得なキャンペーンを実施中です。マンションタイプなら月額530円、ファミリータイプなら月額760円になりますが、どちらもキャンペーンで月額490円です。

またGMOとくとくBBは、ポイント制を導入しています。GMOインターネット加入者は、もれなく100ポイントが受け取れるため、この100ポイントを支払いに利用すれば、実質月額390円と隠れた最安級になります。
»【GMOとくとくBB】プロバイダー乗換キャンペーン

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |