1. Top »
  2. auひかりキャンペーン

業界最速auひかり高額キャッシュバックキャンペーン

KDDI正規代理店のお得なauひかり新規申し込みキャンペーンです。

キャッシュバックが高額、キャッシュバックの振り込みが早い、有料オプション不要などの特典があります。

キャッシュバック現金最大40,000円

キャッシュバック金額は、ホームタイプ、マンションタイプ共にがネット(auひかり)+電話(ひかり電話)の契約で最大40,000円、ネットのみの契約で最大33,000円になります。

キャッシュバック増額中!それぞれ47,000円、40,000円になります。

※auスマートバリュー(スマホ割引)を利用予定の方は、auひかりとひかり電話の両方の契約が必要です。

最大というのは、プロバイダの選択により金額が変わり、ソネット、もしくはビッグローブ選択時に最大金額のキャッシュバックが受け取れます。

販売代理店からのキャッシュバックとプロバイダからのキャッシュバックがそれぞれあり、合わせて最大4万円になります。

プロバイダ タイプ 契約種別 キャッシュバック金額
販売代理店 プロバイダ 合計金額
ソネット
or
ビッグローブ
ホームタイプ ネット+電話 27,000円 20,000円 47,000円
ネットのみ 20,000円 20,000円 40,000円
マンション ネット+電話 37,000円 10,000円 47,000円
ネットのみ 30,000円 10,000円 40,000円

ビッグローブのホームタイプ選択時は、キャッシュバック2万円か、8インチタブレットかを選択できます。

また、auひかり本家が実施中の『のりかえサポート還元』最大30,000円のキャンペーンも条件を満たせば適用されます。(フレッツ光や他社ADSL回線をご契約の方に、解約違約金を最大3万円までauが負担してくれるキャンペーンです)

So-netが最大3万円、Biglobeが最大1.5万円になりますので、こちらのキャンペーンを適用予定の方は、So-netの方がお得になります。

キャッシュバック最短翌月末のスピード振り込み

ネット開通のキャッシュバックは、時間がかかることが多いですが、こちらのキャンペーンでは最短翌月末に指定口座に“現金”で振り込みされます。

また、キャッシュバック申請の手続き忘れが無いように、お申込時にキャッシュバック手続きが完了します。これは、普通は大丈夫なのですが、極稀に、申請忘れで期限が過ぎてしまい、キャッシュバックを受け取れない方が居るようです。

※販売代理店部分のキャッシュバックは最短翌月末払いですが、プロバイダ部分のキャッシュバックや手続きについては、各プロバイダの条件によって異なります。

有料オプション契約不要

プロバイダから直接申し込む場合は、あまり見られないのですが、家電量販店や販売代理店経由のキャンペーンでは、有料オプション(コンテンツ)がセットになっている場合も多くあります。

この有料オプションを申し込むと、月々の支払いが数千円増えるということも有ります。

必要に応じて契約する場合は問題ないのですが、2年、3年契約した場合にキャッシュバック金額よりも月々の支払額が大きくなりかねませんので、ネットとひかり電話のみしか使用しないという方には、オプション契約部分は重要事項になります。

»オプション契約不要auひかり最速キャッシュバックキャンペーン

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auひかりマンションタイプキャンペーン料金比較

auひかりマンションタイプの各プロバイダが独自に実施しているキャンペーンを比較しています。
(auひかりホームタイプはこちら)

マンションタイプは、配線方式、マンションの規模などによって、月額利用料金が変わります。この部分はお住まいのマンションによって決まっていますので、各自で選択できるものではありません。

また、auひかりは、フレッツ光のようにプロバイダの違いで料金が変わるのではなく、標準利用料金(プロバイダ料込み)は均一です。価格の違いが出るのは、各プロバイダーが独自で開催している割引キャンペーンによるものです。標準料金から〇〇円割引になります。

それぞれのキャンペーンは、有料オプションに加入せずに、au光回線とプロバイダのみ契約した場合の条件になります。

auスマートバリューの割引を受けたい方は、auひかりとひかり電話に加入する必要があります。
auスマートバリューの割引金額が、プロバイダの違いによって変わることはありません。どのプロバイダでも割引額は同じです。

マンションV、E、F、都市機構タイプキャンペーン料金比較

・Vタイプ:マンション棟内を既設の電話回線を利用して配線するタイプ
 ⇒V8:集合住宅で8~15契約以上が見込める場合(標準利用料金4,100円)
 ⇒V16:集合住宅で16契約以上が見込める場合(標準利用料金3,800円)

・Eタイプ:タイプE:マンション棟内を既設または新設されたEthernetケーブルを利用して配線するタイプ
 ⇒E8:集合住宅で8~15契約以上が見込める場合(標準利用料金3,700円)
 ⇒E16:集合住宅で16契約以上が見込める場合(標準利用料金3,400円)

・Fタイプ:マンション棟内を既設の光ファイバーを利用して配線するタイプ
(標準利用料金3,900円)

・都市機構:UR都市機構の住宅にお住まいの方がご利用いただけるタイプ
(標準利用料金3,800円)

プロバイダ キャッシュバック タイプ 月額料金割引
【So-net 光 (auひかり)】 45,000円 V、E、F
都市機構
-1250円
- -2,000円
DTI auひかり 38,000円 V、E -1,250円
BIGLOBE 15,000円 V、E、F
都市機構
-1,250円
nifty 10,000円 V、E
都市機構
-1,250円
ASAHIネット - V、E、F
都市機構
-2,000円
GMOとくとくBB - V、E -1,250円
@T COM - V、E -1,250円
au one net - V、E、F
都市機構
-1,250円

マンション ギガタイプキャンペーン料金比較

・マンション ギガ:マンション共用部から各戸まで棟内の光配線を活用してサービスを提供(光ファイバー方式)するタイプ
⇒ギガタイプ:3階建て以上の集合住宅(標準利用料金4,050円)
⇒ミニギガタイプ:3階建て以下の集合住宅(標準利用料金5,000円)

プロバイダ キャッシュバック タイプ 月額料金割引
So-net 45,000円 ギガ -1,250円
ミニギガ
- ギガ -2,000円
ミニギガ -1,250円
DTI 38,000円 ミニギガ -1,250円
BIGLOBE 15,000円 ギガ -1,250円
ミニギガ
nifty 10,000円 ギガ -1,250円
ミニギガ
ASAHIネット - ギガ -2,000円
ミニギガ -1,250円
GMOとくとくBB - ギガ -1,250円
@T COM - ミニギガ -1,250円
au one net - ギガ -1,250円

※キャンペーン内容は変更される場合があります。最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auひかり vs フレッツ光電話比較

auひかりとフレッツ光で、ひかり電話サービスのオプション料金を比較しています。回線選びの参考にご活用ください。

ひかり電話 フレッツ光 auひかり
初期費用 1,000円※1 800円
月額料金 500円 500円
通話料
(一般電話向け)
8円/3分 8円/3分
通話料
(ドコモ携帯向け)
16円/1分 16円/1分
通話料
(au携帯向け)
18円/1分 15.5円/1分
通話料
(SoftBank向け)
18円/1分 16円/1分

※1:フレッツ光の初期費用に関しては、利用状況によって変わります。また、auひかり電話の初期費用は、auひかり回線のネットと同時申し込みなら不要です。

auひかりに新規に申し込みされる方は、ほとんどのプロバイダで24ヶ月無料キャンペーンを実施していますので、2年間は月額料金は不要です。

また、auケータイユーザーならauまとめトーク(定額料:無料)を使って、auひかり電話から全てのauケータイへの国内通話無料などのサービスもあります。

キャンペーンを抜きにすれば、両者でそれほどの違いはありません。一般の固定電話をお使いの方は、大幅な割引になりますので、ひかり電話のオプション加入はお勧めです。

※最新情報は各公式サイトでご確認ください。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

au携帯ユーザーへの割引サービス

auひかりを契約した際に、au携帯ユーザーならお得な割り引きが追加されます。auスマートバリュー狙いで、auひかりを契約される方も多いと思いますが、それ以外にも割引サービスが用意されています。

一つはKDDIまとめて請求です。auひかりとauケータイの請求書をまとめて受け取る事で、auひかりの月額利用料が毎月100円割引されます。それぞれの利用で貯まるauポイントも合算されます。

この他の割り引きでは、固定電話とau携帯の通話料に関するものです。

auまとめトークを使って、auひかり電話からの通話料を抑えることができます。auひかり電話⇒全てのau携帯、auひかり電話⇒auひかり電話の国内通話料が24時間無料、さらにau自宅割を申し込めば、ご自身のau携帯から自宅のauひかり電話の国内通話料が無料になります。

auひかり電話からau以外の携帯宛は16円/1分になります。

また、自宅のauひかり電話へ着信があった場合に、SMS(Cメール)や着信履歴でau携帯にお知らせするサービスが無料で利用できます。

auひかり+auひかり電話+au携帯(スマホ)で最大限の割引が受けられます。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auスマートバリュー割引

auスマートバリュー目的で、auひかりへ乗り換えを考えている人も多いと思いますが、auスマートバリュー割引について簡単にご紹介です。

まず、auスマートバリューが適用される条件があります。

auスマホ/ケータイが下記条件の契約の方。
・auスマートフォン
データ定額2/3/5/8/10/13,LTEフラット,ISフラット,プランF(IS)シンプルのいずれかに加入
・4G LTEタブレット / 4G LTE対応PC
LTEフラットfor Tab/Tab(i),LTEフラットfor DATA(m),LTEダブル定額forTab/Tab(i)
・auケータイ
電話カケ放題プラン(ケータイ・データ付)

上記いずれかの契約者が
auひかり対象の固定通信サービスで「ネット」+「電話」をお申し込みされた場合

少し分かりにくく書いてありますが、auが提携しているケーブルテレビのネットサービスなども含まれますので、「ネット」+「電話」とありますが、auひかりの方は、auひかりとauひかり電話の加入で適用されます。

基本的な部分を勘違いされている方がいらっしゃるようなので、フレッツ光回線はNTT系、auひかり回線はKDDI系です。

現在、フレッツ光を契約されている方は、回線の変更をしないとauひかりは利用できません。フレッツ光のプロバイダの部分だけを変更して、auひかりが使えるわけではありません。フレッツ光を解約して、auひかりを新規に申し込む必要があります。

※auひかり回線が引けない方は、フレッツ光から【So-net 光 コラボレーション】へ転用(工事不要、手続きのみ、事務手数料1,800円)して、auスマートバリューが利用できます。以前は、auセット割という割引額の低いものでしたが、現在はauスマートバリューが利用できるように一新されました。

auひかりに対応したプロバイダは多くありませんが、NTTグループのぷららやOCNなどのプロバイダは、今後も含めて対応されないと思います。

また、auスマートバリューは、家族割、毎月割のようなauケータイ(スマホ)の割引サービスではありません。auひかりとauケータイ(スマホ)の両方を契約した方を対象にした割引サービスです。

割引額は、永年934円(税抜)/月+2年間476円(税抜)/月が割引されますので、最大2年間毎月1,410円(税抜)の割引になります。(934円は永年割引きです)

※データ定額10/13,10(V)/13(V)のプランの方は永年934円+2年間1,066円=合計2,000円割引
※データ定額2/3,2(V)/3(V),ジュニアスマートフォンプラン,シニアプラン(V)の方は永年934円割引きのみ

家族にも割引が適用されますので、2人なら2,820円/月、4人なら5,640円/月が最大2年間割引されます。(最大10回線まで)

家族でauスマホ/ケータイを使われている方は、最大限割引の恩恵を受けられます。
※同一姓・同一住所のご家族に加え、別住所に暮らす50歳以上のご家族もお申込みが可能です。

auひかり電話は必要ない方も多いと思いますが、新規でauひかりに申し込んだ場合は、24ヶ月auひかり電話無料キャンペーンを実施している所も多くあります。その後もauひかり電話の利用料は、月額500円(税抜)になりますので、auスマートバリュー割引に加入している方がお得になるのではないでしょうか。

※auスマートバリューの割引金額が、プロバイダの違いによって変わることはありません。どのプロバイダでも同じです。

一人暮らしの単身者向けに、Wimax2+と組み合わせて、もっとお手軽なauスマートバリューmine割引もお勧めです。

»auひかりホームタイプキャンペーン比較
»auひかりマンションタイプキャンペーン比較

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auひかり初期費用/工事費

auひかりを開通するのに必要な初期費用の説明です。auひかりホームタイムの初期費用は、工事費37,500円と登録料3,000円になります。

初期費用(工事費)は、37,500円を一括払いするか、毎月の支払いに上乗せして分割払い1,250円×30回にすることができます。通常は分割払いで、毎月の月額基本料に加算されます。分割払いにしておけば、最初の初期費用を減らせます。
(マンションタイプは1,250円×24回=30,000円)

また、月額基本料はプロバイダ料込みで5,200円(※ギガ得プラン)になります。この5,200円の基本料金に対して、各プロバイダで独自の割引が用意されている場合があります。
(マンションタイプは、これよりも安くなりますが、フレッツ光同様、マンションの規模、配線方式により月額料金は異なります。)

auひかりの工事費割引はほとんどないようです。稀にある工事費割引は、月額基本料の割引を初期費用に充てた実質無料のものです。

例えば、各プロバイダで、月額基本料金の割引き750円×30ヶ月、auひかり電話500円×30ヶ月無料などがよくありますが、この月額基本料金の割引を0にして、初期費用(工事費)の分割支払い料金に充てれば、実質的に初期費用無料に見えますが、中身的には同じ事です。
(750円+500円=毎月1,250円の割引)

月額利用料の割引か、初期費用の割引かの名目が違うだけですが、キャンペーンを利用すれば初期費用分は無料になります。

新規開通のauひかりキャンペーンでは、高額のキャッシュバックも用意されていますので、新規の方は、フレッツ光よりも割安に利用できるのではないでしょうか。

※ギガ得プラン:
2年間の継続契約を条件に毎月の月額利用料が割引されます。標準ブランは、月額6,300円になります。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |

auひかりキャンペーン料金比較

auひかりの各プロバイダが独自に実施しているキャンペーンを比較しています。

料金比較は、『ずっとギガ得プラン』になります。ずっとギガ得プランは、auひかりホームタイプで、3年間の継続契約を条件に、毎月の月額利用料が割引されます。

マンションタイプのキャンペーン料金比較を追加しました。
»auひかりマンションタイプキャンペーン料金比較

2年契約のギガ得プランもありますが、auひかりのホームタイプの場合は、工事費分割払いが30カ月間続きますので、3年区切りの方がお得になるのではないでしょうか。

プラン 1年目 2年目 3年目
ギガ得プラン(2年契約) 5,200円 5,200円
ずっとギガ得プラン(3年契約) 5,100円 5,000円 4,900円

『ずっとギガ得プラン』と『ギガ得プラン』で月額料金は変わりますが、キャッシュバックキャンペーンの内容が変わる事はほぼありません。

また、auひかりは、フレッツ光のようにプロバイダの違いで料金が変わるのではなく、標準利用料金はどのプロバイダでも均一です。価格の違いが出るのは、各プロバイダーが独自で開催している割引キャンペーンによるものです。標準料金から〇〇円割引になります。

キャッシュバック内容は、有料オプションサービスに加入せずに、純粋にau光回線とプロバイダのみ契約した場合の条件です。高額キャッシュバックを謳っているサイトの中には、有料オプションサービス加入が条件になっている場合もありますので、ご注意ください。

また、よくある工事費無料のキャンペーンは、月額利用料金とひかり電話サービスの割引額を初期費用に充てたものになりますので、実質的には中身は同じです。

例)
月額料金割引750円+ひかり電話割引500円=毎月1,250円の割引
工事費分割払い:毎月1,250円の支払い
両者を相殺して0円になります。

初期費用として3,000円の登録料が必要になります。

※auスマートバリューは、auスマホ側の金額を割り引くサービスで、プロバイダの違いによって割引金額が変わることはありません。どのプロバイダでもスマホ料金の割引額は同一です。

ずっとギガ得プランキャンペーン

プロバイダ キャッシュバック 1年目 2年目 3年目
【So-net 光 (auひかり)】 45,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
- 2,980円
DTI auひかり 38,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
BIGLOBE 25,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
@nifty auひかり 10,000円 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
ASAHIネット - 3,700円 3,600円 3,500円
GMOとくとくBB - 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
@T COM - 4,350円 4,250円 4,150円
(4,900円)
au one net - 5,100円 5,000円 4,900円

ソネットが頭一つ抜けてる内容です。ソネットは、高額キャッシュバックと月額料金割引プランを選択できますが、トータル的にはキャッシュバックの方がお得になります。毎月の支払いを抑えたい方には月額料金割り引きプランも選択できます。
ソネット乗り換えページ

auひかりはフレッツ光と違い、契約後にプロバイダのみの変更ができません。

プロバイダと光回線がワンセットになっていますので、プロバイダを変更しようとすると、一旦auひかり解約、別プロバイダで新規申込みになります。この新規申込みでも新たに初期費用として工事費が必要で、切替期間中はインターネットが使えない期間も出てきます。

auひかりに対応しているプロバイダは多くありませんので、選択肢は限られますが、大手のソネットは選択しやすいのではないでしょうか。

この他のキャンペーンとしては、ひかり電話の無料サービスなどもあります。
(auスマートバリュー適用には、ひかり電話への加入も条件になります。auひかり+ひかり電話)

※キャンペーン内容は変更される場合があります。最新情報は、各公式サイトにてご確認ください。

  • Trackback(-) |
  • Comment(-) |